スポンサーリンク

スキルなしからフリーランスになるため5つの手順を紹介します。

フリーランスになることことは難しいと思っている人もいるのではないでしょうか。スキルがない状態でもスキルを身につけることで、フリーランスになることは可能です。

また、スキルがなくてもフリーランスを目指せるおすすめの5つの仕事についても参考にして下さい。


スポンサーリンク

スキルなしではフリーランスはおすすめしない理由

フリーランスとしておすすめしない5つの理由を紹介します。

スキルがない状態でフリーランスになると失敗する可能性が高いので、しっかりと準備してからフリーランスとして活躍することをおすすめします。

  • 即戦力と実務経験を期待される
  • 全て自己責任となる
  • 未経験の案件は単価が低い
  • 未経験は仕事の獲得が難しい
  • フリーランスは甘くない

即戦力として期待される

フリーランスとして働くということは、即戦力として期待されます。

正社員と違い、フリーランスはクライアントに依頼された仕事を確実にこなすことができないと契約が切られてしまいます。実務経験がないと仕事の獲得は難しくなるはずです。

フリーランスは即戦力扱いなので、スキルを磨き続けないと新しい仕事を依頼されないという事態に陥ることもありますね。

全て自己責任となる

フリーランスの場合は、全て自己責任となります。

正社員の時のように上司や同僚など誰かに助けを求めることができません。スキル不足でわからないことがあっても自分自身で解決することになります。スキルがない状態でフリーランスになっても解決できる状態にしておけば問題になりません。

フリーランスとして独立してからでは遅いこともあるので、事前に準備しておくと良いですね。助けてくれる人がいるのといないのでは、安心して独立はできません。

未経験の案件は単価が低い

スキルがないフリーランスでも仕事を獲得することは可能です。しかし、そのような仕事は誰でもできてしまうことが多いので、単価が低くなります。

例えば、誰でも簡単に書けるwebライターの仕事では、1時間作業しても報酬500円程度。単価が低いならバイトをした方が高いこともありますね。

フリーランスとして稼ぐためには、未経験でも実績や経験を積んでいくことで報酬が上がります。

未経験は仕事の獲得が難しい

未経験のフリーランスは、仕事を紹介してもらえない可能性が高くなるでしょう。

フリーランスエージェントを使って仕事を紹介してもらうこともできますが、実務経験がないと決まりにくくなります。

フリーランスとして独立する場合には、いろいろな人と仲良くなってコネや人脈を作っておくことで仕事を獲得しやすくなりますね。

フリーランスは甘くない

フリーランスなることは簡単ですが、ずっと生き残れるほど甘くないです。

クラウドソーシングやフリーランスエンジニアの求人サイトがあるので、比較的簡単に仕事を探すことができますが、他のフリーランスとの競争に勝たないと高単価の案件を獲得は難しくなります。

高単価案件を取れなくて低単価案件の仕事をすることになると稼ぐことはできません。稼げないとフリーランスを辞めることになってしまうので、甘くはありません。

月収20万円くらいなら作業量でカバーすることはできますが、体調を崩したり、プライベートに使う時間もなくなることもあるので、精神的に大変と感じることがあります。


スポンサーリンク

スキルなしからフリーランスに独立するための5つの手順

スキルなしからフリーランスとして独立するための5つの手順を紹介します。

  • フリーランスになるために準備期間を儲ける
  • 成功者からノウハウを学ぶ
  • 仕事をしながらスキルを身につける
  • 副業でフリーランスとして働いてみる
  • 本業の収入を超えたら独立

フリーランスになるために準備期間を儲ける

フリーランスになるためには、半年から1年くらいかけて準備しましょう。

フリーランスとして独立するための知識を身につけるためには時間はかかります。一番効率が良いのは、転職して独立する分野のことを学ぶことです。

例えば、エンジニアでフリーランスになるには、プログラミング言語の知識をつけることになります。プログラミング言語の場合は、将来性のあるPythonなどを選ぶことで高収入を目指すことができますね。

働きながらスキルが身につかない環境の場合には、仕事が終わった後や休日を使って勉強しないとフリーランスとして独立することができません。休みの日はゆっくりしたい気持ちはわかりますが、フリーランスとして活動するには、一時的に努力する必要があります。

会社を辞めてから勉強することも可能ですが、失敗するリスクを考えると事前に準備する必要があります。また、フリーランスとして活動するには、経費や確定申告などの知識を身につける置くことも重要です。

成功者からノウハウを学ぶ

フリーランスとして成功している「エンジニア」「Webライター」「Webデザイナー」などに直接会うことで過去の経験を聞くことができます。現在はSNSを活用することで会えることも可能です。また、フリーランスのセミナーやイベントに参加することで情報収集できますね。

フリーランスとして活躍している人の話を聞くことで、今後自分自身で何をしていくべきか学ぶことが確認できるはずです。

仕事をしながらスキルを身につける

現在の会社で仕事をしながらフリーランスに必要なスキルを身につけましょう。

フリーランスとして独立するためのことを今の会社で学ぶことができれば一番良いですね。

しかし、エンジニアとして働いているのに、Webデザイナーとして独立する場合には自分で勉強することになります。平日や休日を使って学習しないとフリーランスになることはできません。フリーランスとして活躍するには努力は必要となるので、継続して学ぶことが重要です。

会社を辞めてからスキルを身につけることもできますが、スキルがないと仕事を獲得できないこともあります。そのため、フリーランスとして失敗する可能性が高まるので、事前に準備することをおすすめします。

仕事が忙しくて時間が作れない場合には、転職の選択も視野に入れると良いですね。

副業でフリーランスとして働いてみる

副業としてフリーランスとして働くことで、スキルが身についたか確認することができます。

クラウドソーシングなら仕事を受注することができるので、まずは簡単な仕事からやってみましょう。徐々に難しい仕事ができるようになればスキルが身についていることになります。

難しいことができるならフリーランスとして活動の幅を広げることができ、フリーランスとして独立することが可能です。

本業の収入を超えたら独立する

副業としての活動が本業の収入を超えたら独立することを考えます。

フリーランスは、毎月の収入は安定しないことがあるため、最初は仕事をたくさん獲得しましょう。仕事がなくなると不安を抱えながら生活することになりますので、独立当初は仕事が終わらないくらいのスケジュールを立てると良いですね。
フリーランスは基本的に一人で作業するので、孤独になることもありますが、会社員時代とは違う達成感や充実感が味わえます。


スポンサーリンク

フリーランスのおすすめ仕事5選

スキルなしでもフリーランスになれるおすすめの仕事を5つ紹介します。

仕事によって稼げる金額は違いますが、スキルアップすることでフリーランスとして独立することは可能です。

  • Webライター
  • ブロガー
  • エンジニア
  • Webデザイナー
  • ネットショップ

Webライター

スキルなしでフリーランスとして独立しやすいのは、Webライターです。

クラウドワークス、ランサーズなどのクラウドソーシングでは、Webライターの仕事はたくさんあります。クライアントによっては、マニュアルや記事の書き方を説明してもらえるので、文章が苦手な方でも簡単に始められる仕事です。

ただし、誰でも簡単にできる仕事の場合には単価が低いので、高収入を目指すには専門的な知識を身につける必要があります。SEOやライティングスキルが高い場合には、高額案件を獲得できることがあるため、専門的なブログや本などで勉強してスキルアップしましょう。

スキルなしでも開始数ヶ月で、月20万円以上稼げるようになります。高単価な案件を獲得できれば、月100万円以上を目指すことも可能です。

ブロガー

ブロガーは、WordPressなどで専用のブログに記事を書いて、広告収入で生活することになります。

ライティングだけできればフリーランスとして独立できるWebライターと違って、SEO・マーケティング、アフィリエイトなどの知識がなければ稼ぐことはできません。

スキルがなくても始めることはできますが、月5000円以下の人がほとんどです。毎月100万円以上稼いでいる人はなかなかいません。

ブログはすぐに収益につながらない可能性があるため、検索上位や人気がある人なら継続して収入を得ることができます。しかし、Googleのアップデートで検索順位が下がると収入がなくなるリスクがあります。

ブロガーは安定して稼ぎ続けることが難しいので、Webライターなどの仕事をやるとリスクが分散されてますね。

エンジニア

最近はエンジニアでもフリーランスで独立している人が増えています。

エンジニアはプログラミングスキルが必要です。いろいろなプログラミングを使いこなせると仕事の幅が広がります。最近は、Pythonが人気のプログラミング言語ですが、JavaやPHPだけでもフリーランスとして活躍できますよ。しかし、市場ニーズがない言語だけでは単価は上がりません。

フリーランスのエンジニア案件の募集を確認すると100万円以上の案件があります。エンジニアの案件は高単価が多いので、プログラミングが得意な方には会社員時代より稼げる可能性が高くなりますね。

難易度は高くなりますが、ゲームなど課金できるシステムを開発できれば自由に仕事をすることも可能です。

Webデザイナー

Webデザイナーは、クライアントから依頼されたWebサイトのデザインを行う仕事です。

Webデザイナーとして最低限必要なスキルは、PhotoshopやIllustratorになります。HTML、
CSS、JavaScript(jQuery)までできると仕事の幅が広がります。

Webライターやエンジニアと比較すると案件は少なくなりますが、1案件10万円以上の報酬が得ることは可能です。

ネットショップ

個人でネットショップを運営する方法があります。

「Base」「リピスト」などのシステムを使えば簡単に始められますね。商品を仕入れるため、資金が必要です。また、個人で商品を開発することになると始める前から数百万円かかることも。

ネットショップを運営することで簡単に稼ぐことはできませんので、マーケティングのスキルは必要です。

今回紹介したお仕事に中では、フリーランスとして一番リスクがあると言えます。しかし、商品がたくさん売れれば月数百万円以上稼ぐことも可能です。


スポンサーリンク

まとめ:スキルなしでもフリーランスになれる

スキルがなくてもフリーランスになることはできます。しかし、スキルなしでは仕事がないことも考えられるため、スキルを身につけてから独立するようにしましょう。

フリーランスになるには、様々なことを学ぶ必要があります。職種によっては時間がかかることもありますが、しっかり準備できればフリーランスとして活躍できます。

フリーランスになることで、自由に働くことができたり、収入を増やすことができるメリットもあるので、挑戦してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク