スポンサーリンク

Webサイトを立ち上げる場合には、ドメインとサーバーが必ず必要になります。

新規ドメインと中古ドメインのどっちを取得した方が良いのか解説していきます。

また、新規ドメインと中古ドメインのメリット、デメリットを確認した上で、ドメインを取得してみて下さい。


スポンサーリンク

新規ドメインとは?

新規ドメインとは、過去に誰も使用したことがないドメインのことをいいます。

ドメインは、インターネット上の住所なので、ブログなどを作成する時には必ず必要です。

ドメインの種類はたくさんありますが、「.com」「.jp」「.net」などが人気があります。

ドメインを取得するには、お名前.comムームードメインが有名です。

新規ドメインは、Wayback Machineドメイン年齢で確認できます。

新規ドメインかどうかを調べないと、過去に誰かが使用している可能性もありますよ。

新規ドメインのメリット・デメリット

新規ドメインのメリットは、オリジナルのドメインを取得できる点です。

新規ドメインなら自分の好きな文字列や日本語で取得できますので、ブランド名や商品名などサイトに合わせることができます。

ブログのテーマに合ったドメインを取得するとユーザーにとってもわかりやすくなります。

新規ドメインのデメリットは、Googleの検索エンジンで検索上位に表示されるまで時間がかかります。

キーワードにもよりますが、3ヶ月や半年、1年間といった長期間上位できないこともあります。

検索上位表示させるには、「コンテンツの品質を上げる」「記事を増やす」「更新頻度を上げる」などのSEO対策をする必要があります。

また、新規ドメインの場合は、検索エンジンにインデックスされるまで時間がかかるので、サーチコンソールなどを使いましょう。

中古ドメインとは?

中古ドメインとは、過去に誰かが使用したドメインのことをいいます。

過去のドメインパワーを引き継ぐことで、検索エンジンにすぐに見つけれもらうことができます。

ただし、ドメインのペナルティや新規ドメインより価格が高かったりします。

中古ドメインのメリット・デメリット

中古ドメインのメリットの1つ目は、リンクを引き継ぐことができます。

被リンクは、外部のWebサイトから自分のサイトにリンクがはられることで、検索上位を簡単に取れる場合があります。

ドメインパワーが高いWebサイトから被リンクをもらうとSEO効果は高いことがあります。

例えば、有名企業、政府、大学などから被リンクを獲得できれば自分のドメインパワーを上げることができます。

中古ドメインのメリットの2つ目は、検索エンジンにすぐにインデックスされます。

新規ドメインの場合には、数時間や1日後などにインデックスされることがありますが、中古ドメインなら数分や数十分で反映されます。

中古ドメインのメリットの2つ目は、悪質なサイトの場合、ペナルティを受けて検索エンジンに評価されない可能性があります。

また、ドメインを取得するには数千円~数万円の費用がかかります。

中古ドメインのアクセス中古ドメイン中古ドメイン販売屋さんなどで取得できます。

アクセス中古ドメインでは、パワーランク、被リンク数、ドメイン年齢、TF、CFなどの情報が確認できます。

中古ドメイン初心者は、アクセス中古ドメインドメインなどの業者で購入すると良いですね。

新規ドメインと中古ドメインのどっちがいいの?

新規ドメインと中古ドメインは、どっちがいいかというと中古ドメインがおすすめです。

現在はGoogleのアップデートが頻繁に起こるため、中古ドメインのドメインパワーで早めに検索上位を獲得しましょう。

アクセス中古ドメインなどの販売業者で購入すれば安全です。

ただし、ブランドを確立するなどの目的があるなら新規ドメインで始めましょう。


スポンサーリンク